もったいない精神で消臭剤作り

今月も金欠です。
言ってみれば毎月金欠ですが、今月は特に、体調を悪くして病院に行ったりしたので、いつもよりも出費が多かったせい。

暮らしていけないほどではないけれど、少しは無駄な出費を抑えようと一念発起して、節約術やらそれに関するサイトを巡ってみました。

まず初めに目に止まったのが「コーヒーかすで脱臭」という記事。

うちはみんなコーヒーが好きなので、毎日コーヒーかすが出ます。それを乾かせば、家のあちこちの脱臭剤としても使えるし、ほのかにコーヒーの香りが残るということで興味津々です。

抽出した後の出し殻を乾かして、布の袋や不織布の袋(100均などで売っているお茶パックのようなもの)に入れてあちこちに置くだけらしいんです。これならできる!うまく出来たら友達にも上げられる。

早速、一日分のコーヒーかすを新聞紙に広げて半日陰で風通しの良い場所に置いてみました。とりあえず最初はこれで作れるかどうか試してみたのですが、2,3日で何とか乾いて袋詰めして、玄関や台所、冷蔵庫の中と数カ所置いてみました。

すぐに臭いがなくなった!なんていう即効性はなかったけれど、可愛い袋ならインテリアとしてもいいかもしれない、と調子に乗ってしまったのです。

その次の日から毎日、一日の終わりに新聞紙にコーヒーかすを広げる生活が始まったのですが…いくら何でも多すぎ!
よく考えればわかることなのですが、ついついもったいない精神が炸裂してコーヒーかすが捨てられなくなってしまったのです。

毎日たまっていくコーヒーかす、気が付いたらじめじめした日が多かったせいか、所々白いカビがはえてきました。
家族からは、これどうするの?!と責められるし、泣く泣く全部捨てました。

もったいない精神も、計画的に、ほどほどにしないと逆効果なんだなと反省しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です